ギリヤーク尼ヶ崎とは_01



ギリヤーク尼ヶ崎を説明するのは難しい。

大道芸人・舞踏家・俳優という肩書きはあるにはあるけれども

肩書きを並べても彼を説明することにはならない。

彼の芸は一般的なパフォーマンスからはかけ離れているし

彼自身も非常に特異な存在だからだ。

その特異性について理解してもらうために

入り口として僕個人の経験から、

ギリヤーク尼ヶ崎について説明していこうと思う。










たしか1994年。僕は14歳だった。

大阪、心斎橋のアメリカ村、三角公園。

常に大勢の人たちが集まる場が、

その日はいつも以上に混雑し、
道路にまで人がはみ出していた。

その中心でなにかが起きている。

事件性を感じた僕は、その真相を確かめようと輪に加わった。

その中心にいたのは、黒い着物をはだけのたうち回る老人。
090426_03
ひどい言い方だけど
「ホームレスのじじいが狂って暴れ回っている!」
それが僕の第一印象だった。

そして、周りの人たちと同じように目が離せなくなった。

そのまま、まるで見世物に引き込まれるように老人を見ていると、

背後から頭の上を通って白い包みが投げこまれた。

そこでようやく状況が理解できた。

これは何かのパフォーマンスで、白い包みは投げ銭なのだ。

老人は、
痩せた身体でのたうち回るように踊り、
立ち上がって何かを振り回し、

走り出し、
水をかぶり、
地面に倒れ、
叫び、
力尽きた。



狂気のパフォーマンス、
パンク好きの僕にとってその老人との遭遇は、

ジョン・ライドンやカート・コバーン、ブルーハーツを知った時と
同じ衝撃だった。



続きます。




No Responses to “ギリヤーク尼ヶ崎とは_01”

No comments yet



Leave a Reply


検索


最近の投稿


最近のコメント


掲示板の最近の投稿


AgenakWet
Le probleme de la vente i...

ihtuojeyur
Is http://levitra20mg-ord...

afsokunihi
Reflect http://genericnex...

ifepeyoraw
Fort, http://online-pharm...

NefariusCish
To ritualize its 10th ann...


カテゴリ


管理


About this blog

Flickr

Follow Me